賃貸経営の盤石な基盤|日本財託の評判を知れば安心することができる
男性

日本財託の評判を知れば安心することができる

賃貸経営の盤石な基盤

男の人

家賃の不払いによる不利益

昨今では、家賃債務保証サービスをおこなっている保証会社と契約した上で、賃貸経営をする企業が多くなっています。なぜなら家賃債務、つまり借主による家賃の不払いが発生した場合には、企業は大きな不利益をこうむることになるからです。賃貸経営をするためには、まずは賃貸物件を購入または建築する必要があります。それには当然多くの費用がかかりますが、企業はそれを家賃によって回収します。したがって借主が家賃を支払わなければ、企業には負債が残ることになりますし、それにより倒産を余儀なくされる可能性も生じてくるのです。ところが家賃債務保証サービスを利用すれば、その可能性は激減します。なぜなら借主が家賃を支払わなかった場合、保証会社が代わりに企業に支払うからです。

法的手段が必要となる場合

借主の中には、家賃を支払わないまま何年も住み続けるという人もいます。そのような場合、大家となっている企業は立ち退きを要求することができますが、借主がそれをすんなりと受け入れるとは限りません。すると強制的に退去させるために、法的手段をとることが必要となってきます。裁判となるため、多くの時間や労力を使うことになるのですが、家賃債務保証サービスを利用していれば、こういったことも保証会社に任せることができます。もちろん保証会社は、そもそも長年の滞納自体をさせません。不払いが発生した場合には、速やかに電話または督促状で厳しく支払いを求めるのです。このように、賃貸経営における基盤を盤石としたものにすることができるため、家賃債務保証サービスには高い需要があります。